木を想い、木の家をつくる。大功の家づくり

木に愛着を持って暮らしてほしい。地産地消の家づくり。

森を大切に管理することで、強い幹ができ、強い地盤になります。特定の杉やヒノキを成長させるために間引き(間伐)を行うことで、丈夫な土壌を形成し、土砂崩れなどの災害を防ぐ役割となり、川下の生活が安定します。地元で育った木を、地元の安定した生活のために使われていく、それが地産地消の家づくりです。

地産地消の家づくり

イメージ

自然とふれあい、木の大切さを学ぶ。〜木こりツアー(木育)〜

木を伐採する体験・木工教室・木こり見学など「山」や「木」などの自然とふれあう「木こりツアー」を定期的に実施しています。大自然とふれあいながら森林への関心を深め、その大切さを学びとる“木育”を目的とし、小さいお子さんからおじいちゃんおばあちゃんまで、3世代で楽しめるイベントです。

木を学ぶ(木育)

イメージ

時間の経過とともに味わい深くなる創作家具で木の風合いを楽しむ。

家だけではなく、その家にあった家具も魅力のひとつです。木は時間の経過とともに風合いが増し、良い味が出てきます。長い年月を経た日本の木は年輪が詰まっており、ひとつとして同じ木目はありません。そのストーリーを感じるのも一つの楽しみではないでしょうか。

木の風合いを楽しむ

イメージ


txt_04

家は毎日生活するプライベート空間だからこそ、より快適に長く住んでいただきたい。
快適さを追求した結果、木を長持ちさせるソーラーサーキット工法(外断熱・二重通気)にたどり着きました。
二重の通気層で室内の熱や湿気を調整し「夏は涼しく」、家全体を断熱材で包むことで「冬はあたたい」。
季節に合わせて家の衣替えができる家です。
さらに木が呼吸をしやすくなるため、大切な木を長持ちさせます。

より快適な家

木の良さを最大限に活かす自然素材へのこだわり。

家づくりの材料は職人技が魅せられる素材感を大事にした本物を追求しています。木の良さを最大限に活かすため、素材感ある自然素材をおすすめします。自然素材は長く使うほど味が出て家に馴染み、手入れをすることで長持ちします。

自然素材へのこだわり

イメージ

家はきちんと手入れして、長く大切に使う。メンテンスサポート。

家を長持ちさせ、快適な生活をし続けるためには、メンテナンスは必要不可欠です。お施主様ご自身でのメンテナンスをしやすくし、お施主様の快適生活を実現します。

家を守るメンテナンス

イメージ

毎日を健康で快適に暮らしてほしい。私たちは家づくりに本気で向き合い、妥協を一切せずとことん追求します。

スタッフ紹介

Facebookページで“役立つ情報”を随時発信中

木への想い 〜 大功の家づくり 〜

「木」の家を建てたいと思っている方のための
役立つ情報を発信しています。

家への想い 〜 大功の家づくり 〜

「家」を長く大切に使いたいと思っている方のための
役立つ情報を発信しています。